11.ページ数は200ページを目標に!

キーワードがサイト中に多くあればあるほど(バランスには注意)検索エンジン対策上有利になることはすでにご存知かと思います。
YSTはあなたのサイト上にキーワードがどれほどあるかを綿密に調べてきます。
ですからページ数が多ければ多いほどキーワードがサイト内にバランスよく散りばめられることになり、また情報量に関しても豊富になるため、良質なサイトとしてユーザーからも認識されるようになるのです。コツコツとページ数を増やしていきましょう。
目標キーワードで1位を獲得しているところのほとんどはページ数200ページ以上のところばかりです。

ページ数を増やしてみよう

① 商品仕様・成分表ページ
カタログやチラシと異なり、インターネットの世界では文字数制限がありません。 添加物など、商品の詳しい成分まで知りたいと思っている消費者も多くいます。 安心して商品を購入してもらうためにも、商品仕様・詳しい成分表を公開し、意識的にキーワードを盛り込んでいきます。

② Q&Aコーナーの充実
よくある質問を公開することによって、見込み客はいちいち問い合わせる手間も時間もはぶけ、購入しやすくなります。キーワードもたくさん散りばめられます。

③ 自分の理念・情熱を伝えるページを作成する
商品やサービスにかける思い・情熱を、キーワードを含んだ文章で見込み客に訴えかけましょう。商品・サービスの羅列しかないサイトでは見込み客の心は動かせません。 自分の言葉であなたの情熱を表現しきることができれば、それは見込み客だけでなく、YSTにも通じるのです。

④ スタッフ紹介のページを作成
人は顔が見えることで安心する生き物です。文字と商品写真が並んでいるだけという 無機質なサイトにしないためにも、スタッフ紹介・スタッフブログなどを有効に活用します。スタッフによる商品・サービス紹介の際に、キーワードを含めていきます。

⑤ 会社案内・特徴の紹介
あなたのサイトに訪れた人は基本的に「初めての人」であるということを忘れてはいけません。であるならば、あなたの会社がどのような会社で、どんな特徴があるのかということを紹介し、理解していただかなければなりません。 キーワードを意識的に盛り込んだ自己紹介・会社紹介を作成しましょう。

⑥ 用語集・基礎知識のコーナーを作成
取り扱っている商品・サービスを見込み客が分かってくれなければ、その商品・際ビスがいくら良い物でも結果売れないということになります。 専門用語・業界用語で分かりづらいかもしれないと懸念されるような単語は、用語集・基礎知識のコーナーで説明していきます。すると自然にページ数を増やすことができ、キーワードの含まれたページ数も増えていくということになるのです。

⑦ お客様の声・過去の実績・実例を紹介する
店舗などに比べて、インターネットで商品を購入するということに対して、ユーザーは慎重になるものです。不安感を持つ人もいます。そのような不信感・不安感を取り除くためにもあなたのサイトをこれまでに利用してくれた人たちの声を積極的に集めて掲載しましょう。そしてポジティブで好意的なコメントが掲載されたページを増やしていってください。

⑧ 地域密着サイトの場合はサービス対応地域のページを設置する
クリーニング店、地域限定の配達を行っている飲食店など一定の地域をターゲットにしている会社を検索する場合、「商品/サービス名 地域名」として検索しますね。多くの地域を対象としている場合はぜひ、サービス対応地域のページを設置することお勧めします。

⑨ サイト全てのページの下部にサービス対応地域の地名を表記する
これは上記⑧で上位表示がされない場合に検討するべき手法です。サイト内にサービス対応地域名リストを入れてみてください。

前へ | トップへ | 次へ